低温域での焼戻し、焼なまし、時効硬化処理、焼ばめ、ベーキング、各種乾燥処理に幅広く使用されています。

LT - 精密低温熱処理機

LT - 精密低温熱処理機

操作性の良い汎用型熱処理装置

用途
低温焼戻し、メッキ後のベーキング処理、樹脂の硬化処理、乾燥
特徴
  • ヒーターはシーズヒーターなので、長寿命かつ保守点検も容易
  • 炉内は熱風循環構造により、温度分布が良好
温度
~280℃
炉内容積
0.2m3~1.8m3

LD - 台車型低温熱処理機

LD - 台車型低温熱処理機

量産品の処理に適した台車型

用途
低温焼戻し、メッキ後のベーキング処理、樹脂の硬化処理、乾燥
特徴
  • 台車ごと入れるので量産処理が可能
  • レール付なので、台車はスムーズに出し入れ可能
  • 炉内は熱風循環構造により、温度分布が良好
温度
~280℃
炉内容積
1.5m3~8.0m3

RA - ガス雰囲気低温熱処理器

RA - ガス雰囲気低温熱処理器

用途
銅合金の光輝焼なまし及び時効硬化処理。マグネシウム合金の熱処理。応力除去焼なまし。その他無酸化加熱。
特徴
  • 無酸化で低温の熱処理が可能
  • 昇温、降温ともに短時間でできる効率設計
  • 炉内は熱風循環構造により、温度分布が良好
温度
150~400℃
処理重量
15kg~60kg/gross

設備詳細に関しましては右のボタンからお問い合わせ下さい